松方弘樹が傾けるカジキへの思い

松方弘樹とカジキは切っても切れない長い歴史が刻まれています。まさに男のロマンと言えるカジキ釣りは1回はまるともうその魅力から抜け出すことは不可能です。興味がある方は、ぜひチャレンジを。

松方弘樹が傾けるカジキへの思い

創の松方弘樹 梅宮辰夫 カジキ

2014-08-20

、きちんと食べてれば、抜いても大丈夫だよね。
、、しっかりバランスを考えて食べているから、
一食抜いても問題ないし、逆に痩せるよね!
と、いうことを考えたり、思ったりしたことはありませんか?

も初めは同じような考えを持っていました。
「食べなければ痩せる!」と。
確かに、食べないと体重が減っていたりしますよね。

しかし抜いたのに体重が減っていない。
こんな時もありませんか?
そしていつも通りに食べたのに太った。
これでは、頑張ってご飯を我慢した意味がないですよね。

なぜ、こんな事がおきてしまうのでしょう?

それは、の停滞期の時と似たような事だと
は思っているんです。

の停滞期の時は、
が「飢餓状態なの?」と防御体制になり、
体重減少を抑えます。

一方、抜けば、が異常を感じる。
そして食べたもので、の分まで補おうとするから
余計にエネルギーを使うから太ってしまう。

ただ停滞期の場合は、きちんと3食摂っているので、
太らずそのうちまた体重は落ちはじめますよね。

しかし、抜いた場合はあくまでも食べていない!
はこう判断するので、逆に太るという結果になってしまうんです。

は、抜いてもあまり体重は変わらない・・・
それなのに次の日少し食べると太るという悪循環の連続だったんです。

つまり、抜いたからって痩せた体重が維持できるわけではなく。
、しっかり食べているからといって、
抜いていいという訳ではないんです!

は今、3食しっかり食べています。

それは、今までの経験から3食食べても、ちゃんと痩せられる。
むしろ、どこかで食べない方が痩せにくいと解ったからです。

ヒマワリの松方弘樹 カジキ メキシコ

2014-08-19

は、主食となるの摂取量を減らせば、
カロリーを抑えることができて、
に成功すると思っていました。

実際、少し体重が落ち、喜んだ時期もありましたが、
「成功」と言えるほどの効果を得ることはできず、
心なしかパワーも沸いて来ませんでした。

もし私が健康的に肥満を解消することを目的とせず、
ただ単に体重を落とすことが目的だったら、
抜きを続けていたかもしれません。

しかし、を続けて、
「外見的な」肥満を解消することができたとしても、
の中がボロボロではどうしようもありません。

食材を勉強するうちにわかったことなのですが、
はなど他の食材に比べて、
の天敵とも言える「脂質」の量が少ないんです。

また、のおかずはそれこそ星の数ほどあり、
油を使わない「脂質」の少ないおかずもたくさんあります。
一方、やパスタなどは
「脂質」の多い食材と一緒に摂取する機会が多いんです。

もちろん、を食べ過ぎると、
体脂肪として蓄積されてしまいます。

そこで、大切なのがの摂取量です。
はが大好きで、たくさん食べていましたが、
を始めてからは、
の量を今までの4分の3に抑えています。
わずか4分の1の差しかありませんが、これだけでもずいぶん違いますよ。

は腹持ちがよく、糖質、食物繊維など、
健康的なづくりに欠かせない栄養素を含んでいます。

に食べるおかずの量と、
と一緒に食べる、おかずの「脂質」に注意して、
カロリーを抑えることができれば、
はの強い味方になってくれると思います。

マイの松方弘樹 カジキ 二億

2014-08-17

を成功した直後の人にありがちなのが、
の変化を見逃してしまうことです。

例えば、も上手くいき、
綺麗に痩せることに成功したとします。
その後もきちんと節制したため、
スリムなを手に入れることができました。
問題はこの状態なんです!

実は、脂肪も適度に落ち、
筋肉がほどよくついている状態の時って
しばらくの間は、
食べまくっても体重が増えないのです!!

そうすると、
少々気もゆるみがちになって、
ついつい今まで我慢していたを食べ過ぎたり、
ずっと続けていたも怠けてしまったり…

でも、体重に変化がないから
気のゆるみに自分で気づくことができない…

しかし、ここで注意したいのがの変化なのです。
体重は変わらずとも確実に筋肉は落ち、
脂肪は蓄積されています。

そしてこの状態を続けていると、
ある時を境に急に体重が増え始めるのです。

そうなるとこの増加に歯止めをかけるのは一苦労です。
また、痩せるには多大な努力が必要ですからね…

つまり重要なのはがぶよぶよしてきたり、
体脂肪が増加しはじめた時を見逃さないことです。

この時点を見逃すことなく、ゆるんでいた気持ちを引き締め、
食べる量を控えてに励めば、
リバウンドの憂き目を見ずに済むのです。
体重にばかり気をとられがちだと、やばいってことですね。

鏡の前で自分のを、定期的にチェックするのがポイントです。
この点を意識していれば、
たとえまたリバウンドし始めても
被害を最小限に抑えることが可能ですよ。

なんか何度もするもんじゃありませんよ!
せっかく痩せるのに成功したのなら、
そのまま綺麗なを維持しましょう!!

みずほの松方弘樹 カジキ

2014-08-15

は、の三食で一番カロリーが高い食事はどれでしょうか?
の場合はです。

は食べないか、ヨーグルトやお茶漬け程度で
摂ってもせいぜい150Kcalくらいです。
は基本的に会社の社員食堂で食べます。

会社の社員食堂は、カロリーが高い物が多いんですよね。
平均で800Kcalくらいで、多ければ1000Kcalになることも…
揚げ物が多いんですよね…好きですけど。
は、特にカロリーを気にしていません。
食べたいものを食べています。

食べ終わったら、すぐに頭の中で食の計画を立てます。
1日1500Kcalに押さえるカロリー制限なので、
「1500Kcal - 食のカロリー - 食のカロリー = 食に摂取できるカロリー」というわけです。

ダイエットを始めたばかりの頃は、
食に500Kcal食べてもよいとなっても
何を食べてもいいのやら、見当が付きませんでした。
そんなときに重宝したのが、低カロリーフード。
レトルトの雑炊などはカロリーが低い割には腹持ちが良くて、
ずいぶんお世話になりました。

でも、いつの間にか食べなくなったんですよね。
たぶんこういった物にお世話にならなくても、
うまいことカロリーをセーブできるようになったからでしょうね。

の場合は、「干し椎茸のおにぎり1個」で170Kcal。
はで900Kcal。
これで残り、430Kcalということになります。

そこで食は、
「ご飯1膳」…235Kcal
「野菜炒め」…80Kcal
「餃子4つ」…120Kcal でした。

鳴の松方弘樹 カジキ 大会

2014-08-13

今日はご飯を多く食べ過ぎたから、は食べるのをやめておこう。
こんな事って、誰しも一度は経験があるんじゃないでしょうか?

例えば、休日のマクドナルドで食べて、
はがっつりやを食べて、明らかに食べ過ぎだと感じると、
「ご飯は控えよう!」と思い、ご飯抜きにしたとします。

翌日、仕事で動いているにも関わらず、
普通に食べると、
その次の日の、結局体重が少し増えている。
変わらないどころか、少し増えてしまっている!

なぜだか、わかりますよね。
リバウンドと同じような理由からです。

食べないなどをやると、リバウンドしたりしますが、
全く食べないと、はいつもと違う、異変を感じ取り
そのため、次の食事でエネルギーをその分使う・・・
だから、食べなくてそのときは体重が減ったと思っても、
結局は、あとから増えてしまったりする結果になるんです。

は以前、同じようなことをしていましたが、
今は違う方法をとっています。

様々なを経験してきたは、
食べ過ぎたあとの食事こそ、きちんと摂るように心がけているのです。

一見太りそうなんですが、次の日体重は変わりません!

食べ過ぎたからといっても、
そのあとの食事をどうするかで変わってしまうんですよね。

食べ過ぎたので、今日はもう食べない。
これはに脂肪を蓄積するだけなんです。

食べないのではなく、食べ過ぎた分をうまくリセットする。
こっちの方がには良いことなんです。

食べすぎた後の食事は、決して極端にし過ぎない。
極端にし過ぎない事が、太らないことに繋がっていくわけです!

Copyright(c) 2014 松方弘樹が傾けるカジキへの思い All Rights Reserved.